• HOSHIBA YUMIKO

思いつき日記●アベノマスクをシャネルツイードで変身させてみたよ!

2020年6月1日

日々、思いついたことを、つれづれなるまま、思いついた日だけ気ままに書いていきます。

まずは、先週末のわたしのなかのヒット! アベノマスクのシャネルツイードアレンジのご紹介を。


ことの発端は、TVで見た自粛解禁となった「接待を伴うバー」での様子。ホステスさんたちが、不織布の白いマスクに透明ガードをつけて、お客さまを囲む姿に、なんとも色気のない、なんとかならないものかと思ったこと。 WITH コロナの生活とは、WITH マスクの生活。マスクをお洒落の敵とあきらめず、お洒落アイテムにするしかない! というか、お洒落しながら、三大老けライン(ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴライン)を隠すかっこうの武器にしようではないか!


というわけで、偶然、引き出しの中で見つけたシャネルのサマーツイードの端切れ(シャネルは、お洋服を買うと予備の歯切れとボタンが付いてきます)が、ちょうどどこかで見たことのあるサイズ!? あらら、あの小さすぎると評判の、アベノマスク・サイズ! だということを発見しました。 で、布の端をジグザクミシンで押さえ、ペタッとマスクに縫い付けてみるとーーー あら、いいかも!?

はめてみると、案外風通しもいい!


シャネルのサマーツイードは基本コットンで、目が粗い上に、アベノマスクは、小さいので、頬の脇や鼻の両側から、スースー息が漏れるのです。なんとまあ、こんなところで、役に立つとは! それに、ガーゼを何枚も重ねているので、内側だけていねいに水洗いできます。


通な、お洒落のポイントは、おそろいの部分をつくること。実際、たとえば、スカートとストールとか、コートとスカートとか、バッグと帽子とか、シャネルのコレクションにもいつも登場します。


ですので、当然、このマスクには、もととなったスカートを合わせて!

ついでに、雰囲気の合っているシャネルの同じくサマーツイードのベレー帽と、バングルを合わせてみました!


(ただ、これ、実際、街に出るのは恥ずかしいかも。目を引きそうすぎて。先回書いた『イタいファッション』にならないか? やり過ぎじゃないかって、、)

いいか! 歳がわからなければ!


というわけで、気をよくした私。 手作り帽子用に、シャネルツイードで知られるLINTON社のサイトから、いくつか買ってあった生地の余りを取り出してきて、さらにつくってみました!


今度は、生地のサイズにゆとりがあったので、あとで外せるように軽く縫い付け、さらには、取り替え用のガーゼを挟み込めるようにしました!



こちらも、「おそろい(セットアップ)の法則」に基づき、白っぽいほうは、もともとつくってあったゆったりベレー帽と、マルチカラーの高級ツイードは、幅5センチ長さ1メートルくらいの筒状にして、ヘアバンドふうに巻いてみました!

それぞれ、雰囲気の合ったスカートとワンピとコーディネートすれば、雑誌の世界では、カンペキ!? でも、実際、街に出るのは、はずかしいかな。



でも、こうやって組み合わせを考えたり、そのためにデザインして手作りする、その時間がシアワセ。楽しい。わたし、やっぱり社長より職人(クリエイター)が向いていた!?


というわけで、「作品」を、CINEモードでしか使っていなかったSIGMA fpのSTILLモードで撮ってみました!(まだまだ、露出などのセッティングとアングル、ライティング等に工夫の余地大ありですね!)



SIGMA fp とライティングなど機材収集とWEBカメラとしての使用のくふうについての奮闘記は、次回に書きます。





ところで、ことの発端の、『接待』用のマスクですが、こちらは、フランス製のストレッチコットンレース幅広タイプというので、つくったらいかがでしょう?


以前、担当した翻訳本の中にあった手作りショーツの検証用に買ってあった生地、実は、構想だけでまだつくっていないですが、簡単につくれそうですね!

黒レースとか、清純にしろレースとか。ゴムの色も、レースに合わせ、ドレストのコーディネイトも考えて。


では、この場合の、「おそろい(セットアップ)の法則」は? 何とおそろいかって? そりゃあもう、鼻の下を伸ばしたお客さまに想像していただくのも、サービスのうちということで!(こんなこと、オフィシャルサイトに書いていて、いいんだろうか。。。ああ、また、仕事が逃げていく、、、!?)

©2020 by 干場弓子事務所オフィシャルサイト。Wix.com で作成されました。