• HOSHIBA YUMIKO

人生のQ&A室③人生の目標が曖昧です

50代半ばの女性です。 生活は安定しているのですが、今ひとつ、人生に張り合いが持てません… これからの人生、何を目標に、何を求めて生きていけばいいのでしょうか… 干場さんのように、いつも生き生き活躍する秘訣は何なのでしょうか…? ご指南くださいませ!



だったら、今すぐ、わたしと、人生交換しましょうか?

って、冗談ではないです。実は、ご質問くださった方を存じ上げているだけに、取り替えていただけるものなら、取り替えていただきたい!!!

なにしろ、わたしのほしいもの、わたしに足りないもの、全てお持ちの方ですから!

知性、学歴、経歴、地位、ストックとフローの経済力、名誉、そして、何よりその美貌!!! そして、パートナー!!!

唯一、わたしにもあるものといったら、息子と一応の配偶者ぐらいでしょうか。

ですから、総取っ替え。いつでもOKです。

そうなさいますか?

ーーーーで、答えになっているかなあ。

では、こういうの、どうでしょう?

だいじょうぶ。今の安定がおびやかされるような、とんでもない災難が訪れれば、それを乗り越えるという「目標」が手に入りますから! 

!!??

おそらく彼女は、いわゆるハングリー精神とは全く無縁で、普通にやるべきことをちゃんとやってきたら、今に至った方だと思います。「成功」によって、自分の存在を世の中に証明する必要がない、いわゆる「承認欲求」から自由でいられる人。おそらくは素晴らしいご両親のもと、「自己肯定感」から始まっている方。もちろん、基本怠け者のふつうの人から見たらすごい努力もしているんだけれど、本人にとってはどうってことない普通のことでした、みたいな。

もし、彼女が、劣等感をバネにのし上がるタイプだったら、つまり、自己肯定感不足の承認欲求の塊のような人だったら、今ぐらい恵まれていても、もっともっとと、常に今に飽き足らず、常に次なる「目標」を掲げ、渇望し続けていたことでしょう。そういう人、一杯いるらしいですよね?

そうなりたいですか?

人生に、より高く、より大きく、より上の「目標」を求めなければいけない、というのは、世の成功者と呼ばれる人の大半である承認追求者がまき散らす迷信です。自己肯定感を持つ人を嫉妬し、おとしめようとする陰謀です!(?) それはまさに、逆「青い鳥」症候群。今に満足したら、幸せは得られない、目の前にある小さな幸せなんかに満足したら、権力者の言いなりになっちゃうぞ、みたいな。

別に人生に目標なんてなくたって、いいじゃないですか。いままで頑張ってきたんだから。

それより、今を大切に、今目の前にある楽しいこと、ドキドキすることに夢中になっていれば、いいじゃないですか。毎日、今この瞬間の幸せが、今日も感じられることに感謝できればいいじゃないですか。


そんなことしてたら、いつかしっぺ返しが来るかも知れないって?!

そしたらそれもラッキー! 待ち望んでいた「目標」が得られるチャンス! サバイバル、あるいは、V字回復という立派な「目標」!


求めるものがあることより、求められるものがあることのほうが幸せですよ! 求めるものがなければ、まわりの人にあなたに求めるものを聞いてみたら?

ちなみに、彼女ほど恵まれていないわたしは、この年になってもまだ、今に飽き足らず、もし、お金があったら、究極のアンチエイジング再生治療をして、二回りぐらい年下のイケメンと第二の人生送りたいな、とか夢想しています!??



あなたも、このコーナーに、どうぞ質問をお寄せくださいませ。

お問い合わせフォームからどうぞ!

©2020 by 干場弓子事務所オフィシャルサイト。Wix.com で作成されました。